ブリッジ・パ|Bridge Pa

ブリッジ・パは北島、ホークス・ベイのブリッジ・パ・トライアングルにあるワイナリーで1998年にスティーブ氏と奥様のリサ氏が土地を購入した事から始まった。ブドウ畑は風が穏やかで夏は40℃近くまで気温が上がる日もあるが、夜は適度に下がり、ほぼ毎日10℃以上の寒暖差を得る事が出る。高級赤ワインに特化したワイナリーで、ブドウ品種はシラー、メルロー、マルベック、カベルネ・フランを植えていましたが、2008年には全てをシラーに植え替えた。同時に、ワインメーカーもNZでは有名なロッド・マクドナルド氏に変更し、更なる品質の向上に努めた。

現在、Bridge Pa Wineryは存在せず、Te Awanga Estate所有の畑となっており、Trademarkのブランドとして販売されている。

1 results