ギブストンヴァレー|Gibston Valley

ギブストン・バレーは創始者であるアラン・ブレディ氏が1976年に南島、セントラル・オタゴのギブストンに土地を購入した。1981年、1982年に350本のブドウを植えた。アラン氏は赤道の南45度にあるこの場所の気候等がワイン生産には理想と考えていたが、当時の周りの意見は寒すぎるとし、批判的な意見があった。初期のワインは思っていた以上に上出来であった為、趣味として始めたワイン造りに本腰を入れ、1987年にセントラル・オタゴでは最初の商業用ワインを出荷した。1989年ヴィンテージが1990年のNZ3大ワイン品評会で銀賞を獲得した事により、セントラル・オタゴが一流のワインを産出出来る事が証明され、他の人が後を続く事になった。

セントラル・オタゴでは最古のワイナリーで1990年にギブストン・バレー・ワインが設立された。1995年、オーク樽の保管場所を他人とは違う方法をアラン氏は考え、ワイナリーの裏に広がる岩山に1400㎡もの洞窟を作った。これはこの地域では初めての物であり、現在でもNZで最大のワイン洞窟とされている。2001年にはロンドン・インターナショナル・ワイン・チャレンジにてギブストン・バレー・リザーブ・ピノ・ノワールが金メダルを獲得した。これはフランスワイン以外では初めての出来事だった。2006年にはそれまでホークス・ベイ、アメリカ、フランスで経験のあるクリストファー・キーズ氏をチーフ・ワインメーカーに迎え、更に華々しい国際的な評価を得る様になっている。

2 results