カフランギ|Kahurangi Estate

カフランギエステートは南島、ネルソンの中心部から西へ車で30分程のUpper Moutereにある。家族経営のブティックワイナリーで手造りのワインを専門としている。

カフランギブランドは1998年より始まったが、1973年に商業用としては南島最古のリースリングが植樹されている。ソーヴィニョン・ブラン、リースリング、シャルドネ、ピノ・ノワール等を栽培している。

“カフランギ”はニュージーランドの先住民族マオリ族の言葉で“秘宝”、“秘蔵の品”と言う意味がある。

ロゴはカフランギ国立公園の渓谷や西海岸のビーチで増殖しているニカウヤシを再現したものである。

現在のチーフワインメーカー、ニール・トッド氏は2001年にカフランギへ合流し、2004年にチーフワインメーカーとなった。2005年には国際ワインチャレンジでトロフィーを獲得すると言う活躍を見せてる。

2013年にはフランス人醸造家のエマニュエル・デヴィッド氏が加わり、彼女のブルゴーニュ地方を始めとし、南アフリカやオーストラリア等の多彩な経験がカフランギの畑やブドウ造り、ワイン造りにまで影響を与え、カフランギの歴史に新たなページを刻もうとしている。

ブドウ畑はセラードアのあるUpper Moutereに最古のリースリングとソーヴィニョン・ブランを、カフランギ国立公園のMt.Arthurの麓にはリースリングとピノ・ノワールを所有している

4 結果