グレイワッキ|Greywacke

グレイワッキはNZを代表するソーヴィニョン・ブランの生産者、クラウディ・ベイで創業からチーフワインメーカーとして約25年勤めたケヴィン・ジュッド氏が2009年よりスタートしたブランドである。

クラウディ・ベイといえば世界にNZのソービニヨンブランの品質の高さを知らしめたマールボロ屈指のワイナリーである。そのクラウディ・ベイで約25年間品質を支え続けた確かな技術力と小規模生産者だからこそ可能な丁寧な作業により、クラウディ・ベイよりさらに一段階高い完成度のワインを生み出している。

ブランド名のグレイワッキとは、ケヴィン氏の妻キンバリーが初めて取得した畑につけた名前である。畑にはNZの山、川、海とあらゆるところで見つけることのできる「Grey岩(ワッキ)」という岩が多く含まれており、「いつか自分のブランドを作ったらNZを代表するワインになるようにこの名前にしたい」と考えていたケヴィン氏が1993年の終わりに登録し、2009年にようやく念願叶って「グレイワッキ」をリリースすることとなった。

グレイワッキはワイラウヴァレーにあるブランコット地区の自社畑と同じくワイラウヴァレーのクラウディ・ベイと同じ契約農家より畑を借りてワイン造りを行っている。畑の管理を自ら行うのはもちろん、ドック・ポイントのオーナーであり、NZきっての有機栽培家アイヴァン・ザザーランド氏によって、完璧に管理されている。アイヴァン・ザザーランド氏もケヴィンと同じく元クラウディ・ベイ出身である。クラウディ・ベイに高品質なブドウ畑を貸し出しながら、クラウディ・ベイの栽培責任者を行っていた人物である。

ワイラウヴァレーはNZでも日照時間に恵まれ、海洋性気候に属し、夏から秋にかけて穏やかな気候の為、暑さによってブドウの酸やアロマティックな風味が奪われることがなく、ゆっくりと完熟に向かうソーヴィニョン・ブランにとって理想の産地である。ケヴィン氏がブドウ栽培にあたり最もこだわる点は「収穫のタイミング」である。クラウディ・ベイではフレッシュでハーバルなスタイルを目指していたのに対し、グレイワッキではフレッシュで奥行のある、もう一段上の完成度を目指し、クラウディ・ベイよりやや遅めの収穫を行っている。

 

1 結果