フェルトン・ロード|Felton Road

フェルトン・ロードの起源は、1991年にスチュワート・エルムズ氏が、セントラルオタゴ、バノックバーンにエルムズ・ワイナリーを興したことに始まる。

1996年に醸造家ブレア・ウォルター氏が参画し、初リリースの1997年ピノ・ノワールが高い評価を得て、セントラルオタゴとフェルトン・ロードは一躍世界の注目を集めた。

英国でフェルトン・ロードのワインを愛飲していたナイジェル・グリーニング氏(現フェルトン・ロード・オーナー)はセントラルオタゴのポテンシャルに魅了され、2000年にエルムズ氏からフェルトン・ロードを購入し、醸造家ブレア・ウォルター氏と栽培責任者ギャレス・キング氏らとフェルトン・ロードを再スタートさせた。

醸造ブドウ栽培および収穫はすべて手作業で行われ、すべての畑は有機およびバイオダイナミック農法により育成される。土壌中に生息する微生物および植物の活動を活発にし、自然生物の多様性を供給することで土壌のバランスを整え、病気や害虫を自然予防している。

2010年にフェルトン・ロードのすべての畑がでデメター承認を受けた。

醸造においても天然酵母による発酵、人的介入を最小限に抑えた醸造、果汁やワインに過度な圧力や負担をかけないように重力を利用した醸造所内の設計やレイアウトなど、合理性を追求しながら「自然の力」を重視する姿勢に徹底している。

3 結果