リマーカブル|Remarkable

リマーカブルは南島、セントラル・オタゴのギブストン・バレーに創始者のリチャード・ガスレイ氏が2003年に土地を購入した所から始まった。最初の収穫は2006年のピノ・ノワールだった。2年後の2008年にこのワインを世界最大のコンクールに出品したところ、金メダルとトロフィーを受賞した。2007年にはバノックバーンの土地を購入し、向かいにあるキャリック・ワイナリーへブドウを供給していた。リチャード氏はブドウ栽培を主に行い、その大半をキャリックへ販売し、残りで少量ワインの製造を行っていた。2008年は豊作の年でしたが、世界的金融危機の影響もあり、輸出量が激減してしまった。ブドウの買い手を見つけられなくなってしまった為、バノックバーンにあるオルセンズと新たにワイン用ブドウの契約を結んだ。しかし、ブドウの売買だけでなく、ワインの生産方法やマーケティングについてもオルセンズより指導を受けた。2011年にオルセンズが他社に売却され、新しいオーナーは自身でブドウ栽培を行う事になった為、リチャード氏は自分の小規模ワイナリーを拡大していく事となった。

1 結果