ギブソンブリッジ|Gibson Bridge

ギブソンブリッジエステートは2004年に南島、マールボロの中心ブレナムの西にあるレンウィック(フォレストエステートの1ブロック南)にハワード氏とジュリー・シモンズ氏によって設立された。畑ではピノ・グリを主力としつつ、少量のシラー、マルベック、ピノ・ノワール、ゲヴュルツトラミナーも栽培している。ハワード氏がブドウを栽培し、ワインメーカーのデイヴィット・タイニー氏が醸造を担っている。ジュリー・シモンズ氏は2007年にオープンしたセラードアを主に管理している。

ギブストンブリッジ・ピノ・グリ・リザーブは最初の2年間でNZインターナショナル(156品のピノ・グリ出品)20を超える金メダルを受賞した。また、2010年にはマールボロ・セラードアの中で最高賞を受賞し、初めて100点を獲得した。

1 結果